Profile

皆川ミヨコ プロフィール

タップダンスを火口 秀幸先生・中川 裕季子先生・みすみ'Smilie'ゆきこ先生に師事。
'89年より多くのタップダンス、ジャズダンスの公演を重ねてきました。
Miyoko's TapDanceCompanyを主宰し、東京・横浜を中心に10数カ所のクラスを開講。
現在、タップダンスの指導を通じ、タップの魅力を伝えるかたわら、自主開講クラスや児童館での、ダンスを通じた子どもの情操教育、幼児教育、シニア世代の健康指導に取り組んでいます。

message

皆川ミヨコから、ひとことメッセージ

楽しくなくっちゃ、タップじゃない!

ダンスでありながら音楽でもあるタップ。音楽に合わせて踊り、それが自ら音楽となって響きます。その複雑な動きは難しいように見えますが、基本は簡単。また、様々なシチュエーションに合わせることができるので、性別や世代を超えて楽しむことができます。
「雨に唄えば」やHIDEBOH先生の「座頭市」の映画のワンシーン見て、「かっこいい」と思った方は、タップを習う素質が十分ありますよ!
見ているだけで満足しないで、今度はご自身が、かっこよく踊ってみましょう。性別、年齢は不問。ダンスの経験や運動神経も関係ありません。タップに興味がある、ただそれだけでOK。ぜひ、一度お近くのクラスへ、体験レッスンにお越しください。
スタジオでお会いできることをお待ちしてます。

学ぶ・続ける・自信を持つ

最初のうちはレッスンについて来れず、できなくて泣いていても、徐々にできるようになってくる。それが自信につながり、次第にレッスンに気持ちが向いてくる。
繰り返す練習する習慣、できるようになるまであきらめない継続力。レッスンを続けていくうちに、ゆっくりと「学ぶ姿勢」が身についてきます。
しかも楽しみながら、無理なく子どもの背中を押してくれる。キッズクラスには、こんな力があると思っています。
親御さんとともに、お子さんの成長を見守っていきたい。水泳や英語とはちょっと違う、タップクラスにお子さんを連れてきてみませんか?
人前にでることも物怖じしない、自信を持ったお子さんの姿が見られるかも知れませんよ。ぜひ、一度お近くのクラスへ、体験レッスンにお越しください。
スタジオでお会いできることをお待ちしてます。

タップで身体と心の健康を

健康のために運動でもしないと、と思っていても、なかなか難しいですよね。「忙しいから」「年だから…」とあきらめてしまう。こんな経験がある方は多いかもしれません。
もし、ダンスが好き、タップに興味があるという方なら、この機会にタップクラスに来られてはいかがでしょう。スタジオには同好の仲間がいて、自分のペースで楽しみながらステップを踏んでいます。
趣味を楽しむだけでなく、下肢の鍛錬は、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛え、新陳代謝を良くします。また、腸腰筋を鍛えるので、つまづき防止、転倒防止にも効果的。
人生80年時代。楽しみながら足腰を鍛え、身体と心の若返りをしてみませんか。ご興味がある方は、ぜひ、一度お近くのクラスへ、体験レッスンにお越しください。
スタジオでお会いできることをお待ちしてます。

history

皆川ミヨコとMiyoko's TapDanceCompanyのヒストリーです。

  • ~'00
  • ~'06
  • ~'10
  • ~'13
  • ~'15
  • '16~
~'96
数多くの舞台経験を重ねるかたわら、1994年から桐朋学園短期大学、アメリカンミュージックアカデミー、二子玉川アップスチューディオ等でタップクラスの講師を勤める
'97
岩間市民プラザ(横浜市)にてタップクラスを開講

Read more

'00
振付、構成、演出、並びに、Miyoko's Tap Dance Company のクラス開講を本格化
'01
JEUGIA多摩センターにてタップクラスを開講

Read more

'04
甲斐ひかるバレエアトリエ、快活フィットネスクラブ(港北ニュータウン)にて開講

Read more

'06
2006.02.05 Miyoko's Tap Dance Company 第1回発表会(岩間市民プラザ)を開催

Read more

'07
YBP横浜ビジネスパーク、クラウドナインスタジオ(登戸)にタップクラスを開講
2007.04.01 Miyoko's Tap Dance Company 第2回発表会(戸塚フォーラム)を開催

Read more

'09
出産のため休養(1月~5月)
'10
2010.01.09 Miyoko's Tap Dance Company 第3回発表会(かなっくホール)を開催

Read more

'12
TAP&DANCE TOKYO COLLECTION 2012 に出演
'12
2012.09.08 Miyoko's Tap Dance Company 第4回発表会(エポックなかはら)を開催

Read more

'13
日吉カルチャーにキッズタップクラスを開講

Read more

'14
TAP&DANCE TOKYO COLLECTION 2014 に出演
2014.11.9 Miyoko's Tap Dance Company 第5回発表会(エポックなかはら)を開催

Read more

'15
田園調布タップクラスを開講

Read more

'15
センター北ダンススタジオ La-Feet(ラフィート) Open

La-Feet ホームページ

'16
2016.2.20~21
TAP&DANCE TOKYO COLLECTION 2016 に出演
'16
2016.12.4
Miyoko's Tap Dance Company 第6回
発表会(エポックなかはら)を開催

Read more

'17
2017.4
産経学園自由が丘校にて
タップクラス(大人・キッズ)を開講

Read more

one point

皆川ミヨコが上手なダンス教室の選び方を伝授します!

ダンス教室・インストラクターの選び方"6つのポイント"

ダンスが学校の授業に取り入れられてから、ダンスを習い始める年齢がずいぶん低くなってきました。
以前はダンスと言えば"バレエ"でしたが、今はバリエーションも豊富。ヒップホップやチアリーディングも人気がありますね。
最近では、初めての習い事はダンスから、というお子さんもめずらしくありません。
小さいお子さんにとって、ダンスレッスンは楽しみながら運動神経の発達やリズム感の訓練になるので、身体機能、巧緻性の向上に最適です。情操教育としても、適度に身体を動かせるダンスを習い事に、とお考えの方は少なくありません。

ところが、教室を慎重に選びたいという親御さんにはちょっと困ったことが。
駅前にはいくつものダンススタジオがあり、Web検索すれば驚くほど、ダンス教室がヒットします。
そこで、私がクラスを運営する側から見た、教室・インストラクターの上手な選び方をお話したいと思います。

(1) あなたがダンスを習う目的は?

ダンス教室といってもいろんな種類があります。
と言っても、バレエやジャズダンスといったダンスメニューのことではありません。
その教室のスタイルやカラーのことです。
同好会的なダンスを楽しむためのクラスから、プロ養成を目指す本格的なものまで幅広くあります。

ところで、お子さんがダンスを習う目的はなんでしょう? 体力をつける、礼儀を学ぶ、集団行動に慣れる…。
いろいろとあることでしょう。
どんな習い事でも継続しないと意味がありません。長続きするためには、まず、習おうとする教室が、親御さんの想いに応えてくれそうかを、見ておく必要があると思います。
例えば、厳しく指導して欲しいのに、インストラクターの接し方が友達感覚…とか、基礎をしかっり習わせたいのにテクニックに走り過ぎ…とか。
習い始めてからこういったミスマッチを感じると、続けることが難しくなってきます。
まずは、継続できる環境づくりが大切です。あなたのダンスに寄せる想いに合った教室を選びましょう。

(2) インストラクター・団体を検索する

「地名+ダンス」などでWeb検索した結果を見て、気になったインストラクター個人や運営団体を検索してみましょう。
ホームページのコンテンツはもちろん、ブログやフェイスブックの投稿を見て、インストラクターのスタイルや考え方、指導方法を知っておくのは
相性の合った教室探しに有効です。
ダンサーとして活躍してる人なら、youtubeで検索してみると動画で見ることもできます。
インストラクターや団体のWeb、SNSから得た情報やイメージが、あなたのダンスに寄せる想いと折り合うか、じっくり検討することをお勧めします。
習い事と言っても、やっぱり人間関係が大事。ダンス教室との間にも相性があるのでは…と思います。

(3) 教室の見学・無料体験に行ってみる

目星をつけたら、一度教室に行ってみましょう。見学や体験レッスンは、どの教室でもやっています。
体験レッスンは無料のこともありますが、事前にメールや電話で申し込んだ方がいいでしょう。

( 私の場合、その方との時間を確保するため時間配分をしておきたいので、体験レッスンは事前申込みをお願いしています。
また、Miyoko's TDCの自主開講クラスは無料が多いのですが、無料だとドタキャンが増えやすいので、有料で申し受けているクラスもあります。)

さて、あとは行くだけ。
不安かも知れませんが、そこは大丈夫。初めての方にもきちんと気遣いしてくれることでしょう。
これは、入会後の、初心者への気遣いと同じものだと思います。
難しいステップが出来ない時に声をかけたり、一人ひとり回って見てくれたり。
こういうことがさらりとできるインストラクターは優秀な方だと思います。

(4) 教室のムード・雰囲気を感じる

教室のムードはインストラクターだけによるものではありません。受講している生徒さんの人柄や雰囲気によっても成り立っています。
インストラクターと受講生とが一体となって作る、言わば"場"の雰囲気といったものがあるんでしょうね。
その雰囲気、ムードに馴染めるかが大事なところだと思います。このあたりを、ご自身の皮膚感覚で確かめてみてください。
あと立地や移動にかかる時間も重要です。自宅からドアtoドアで1時間以内でないと、継続が難しいと言われています。
社会人の方なら、自宅周辺でよりも、お勤め先との経路で教室を探してもいいかもしれません。

(5)レッスンの中身を見ておく

やさしいだけのメニューは、すぐに飽きてしまいます。
少しくらいハードな部分がないと、向上心を満足させることができません。レッスンの中にどれくらい難しい課題があるかも大切なポイントです。
特に中級以上のクラスでは、他の受講生の方のダンスのレベルを見ておくのも参考になります。

また、その教室の発表会等を見る機会があれば、ぜひご覧になった方がよいでしょう。レッスンで積み上げた形がどのようなものか、どれくらい難しいと感じるか。
そういう実力やレッスンの厳しさも見ておいた方がいいと思います。

(6) 対応のいろいろ

ダンス以外の部分ですが、少しお話しておきます。

体験入会の時に、入会を無理強いするのではないかと不安でなかなか来られなかったという方がいます。
ご心配なら、入会しなくてもよいかと事前に確認しておいた方がよいかもしれません。

また、「他の教室に行ってはいけない」という教室もあります。
昔はこんなことを言うダンス教室が多かったのですが、今でも少しはあるようです。
一人の先生にしっかり基礎を学ぶ、というメリットもあるのでしょうが、今では考え方が古いのかも知れませんね。

Miyoko's TDCは、どちらも"free to come and go"なので心配ご無用です。

さて、ご参考になったでしょうか。
ぜひ、あなたと相性のあった教室で、素敵なダンスライフに出会っていただけたらと思います。